カテゴリー
タクシー

タクシー乗務員を辞めてから半年経過

タクシー乗務員を辞めて半年が経過しましたが、やっぱり賃金の額が一定であることは助かりますね。もし、未だにタクシー乗務員を続けていたら破産者か自殺するか、それとも刑務所生活を目指して犯罪者になるかのいずれかになっていたかも知れません。
借金の額も増えてしまうことに歯止めをかけることが出来つつあるし、ひとまず不幸を回避することが出来ました。とはいっても、今の勤務先も社長の健康問題が入社後に発覚するなど新たな問題が明るみに出たりして正直裏切られた感じです。かといってここで辞めたら借金返済も出来なくなるので、スムーズに「転職」をするか勤務先の廃業まで耐えるかの二つの選択肢に限られます。

タクシー乗務員の仕事は感謝されることはあっても、飯を食うには厳しい仕事で自家保有など生活基盤が整っていないと続けられない仕事だなと感じました。事実、うまく続けられている人はそんな人が多いかなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × three =