カテゴリー
業界の動き 派遣業者

格安奴隷販売の迷惑ファクス

 職場には外国人労働者の手配師からの宣伝ファクスがよく流れているけど、まともな企業は誰も利用しない。

理由は言うまでも無く、言葉が通じないし、生活習慣も違う彼らを雇って地域社会に迷惑負担をかけて自社の評判を落とすようなことはしないから。
当の外国人達も、母国でも優秀な人間なら日本のブラック労働大国振りを熟知しているし、技術力なども劣勢である現状を知り尽くしているから日本で働くことは、骨折り損のくたびれもうけであることに気付いている。だから、日本へ行きたがる奴は、学が浅く、母国でもいらない子扱いされているリテラシーの無い残念な連中しかいない。

同業他社の人と「外国製格安奴隷」の話題になることがあるけど、日本の国力が低下しているのに、日本へ行きたがる外国人など日本のことについて何も勉強していないから日本へ行きたがるのだろうということになるよね、つまり母国でも嫌われ者の優秀ではない外国人、と言う結論で皆一致していた。

勿論、格安奴隷を欲しがる日本の企業など地域社会を荒廃させてでも目先の利益が手に入ればいいと考える日本に必要の無い企業だし、働きたがる側も母国で通用しないから日本のブラック企業で小遣い稼ぎを考えているというダメ企業とダメ人間との海をまたぐ虹の架け橋、それが格安奴隷調達業界である派遣・人材紹介業界なのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × three =