カテゴリー
業界の動き 求人広告

ドイツ企業が上郡町に生産拠点を

 化学メーカーなどで働いたことのある方なら見覚えがあるであろう、ポリエチレン製中容量液体輸送用コンテナ(IBC)。それの製造メーカーである、シュッツ・コンテナ・システムズの日本法人が上郡町で2022年4月に生産拠点を設けることによる、電気設備保全の求人を行っています。
上郡の拠点が出来るまでは神奈川県の拠点で(研修目的の)勤務、二種電工の免状必須です。

シュッツ・コンテナ・システムズ株式会社の求人
【自社工場設備の保守・保全】土日休み・年休116日◎二種電工・自社工場生産設備の電気保全経験3年以上

入社後は、新工場が稼働するまで神奈川県の秦野工場で勤務していただきます。
単身赴任中は、費用会社負担で借上げ社宅の利用や6ヶ月に8回の帰省が可能です◎

koujishi.com

他にも条件として、ドイツ企業だからなのでしょうか、英語でのメールやりとり(翻訳ソフト使用可)が必要だったり、やっぱり夜勤があります。詳細は引用元のウェブページを。

今回は、設備管理の求人ですが、2022年4月が近づけば、生産や物流現場の要員募集(派遣が中心かも知れませんがorz)も始まると思われますので、この企業の調査は押さえておきたいものですよね。

もしかしたら、他の職種でも派遣では無い直接雇用の求人が出てくるかも知れませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eighteen + 13 =